Anker Ultra Slim Bluetooth Keyboardを購入!!iPad proのノートパソコン化




前提

最近ブログの記事作成など、PCを持ち出すことが多くなってきました。
私は今MacBook Pro 2013を使用しているのですが、何世代も前のMBPであるためとても重く持ち出すたびにカバンが重くて仕方がないのです。
本来ならば、macbook12インチを購入したいのですがそんな余力も無いので、普段持ち歩いているiPadで全てをこなしてしまおうというのが今回の発端であります。
iPadをノートPC化するためにまず必要だと考えたのがキーボードです。
ゆくゆくはMBPをデスクトップ化したいのでmagic keyboardedの購入を考えたのですがカバンの中に入れて持ち運ぶと考えると買い替えの効くような安いものがいいと思い今回は見送りました。
そこで白羽の矢が立ったのがAnkerのキーボードということです。
appleやその他メーカーから販売されているキーボード付きカバーは、iPadの使用の際に毎回毎回キーボードを使用する訳では無いことを理由に案としては却下しております。
前提はここまでにして使って見たレビューを行って行きたいと思います。

 

 

Anker ワイヤレスキーボード レビュー


Ankerの商品を何回か購入したことがありますが今回のキーボードも綺麗なパッケージで届きました。

中身はキーボード本体と説明書ですね

キーボードの見た目はmagic keyboard に似ていますね。

先程からこのキーボードで執筆していますがmacbook本体のキーボードよりもキーを打ち込んだ時の深度といいますか深さといいますかがあり打ち込んだ時の感触が結構違います。
なれるまで時間がかかるかもしれません笑
キーのピッチは若干Ankerのキーボードのほうが広く感じます。
Ankerのキーボードは打った時の奥行きがあるためピッチがmacbookのピッチよりも広く感じるのかもしれません。
その他に大きな違いとしてはエンターキーが少しmacbook のキーボードよりも小さくなっているため私は違和感を覚えました。
エンターキーに関しては、Anker のキーボードを購入する際に他のキーボードも吟味しましたがワイヤレスキーボードのエンターキーは総じて小さいものが多かったので初めから分かっていた妥協点でした。
違いとしてはそれくらいですかね。
あと、大きな点ではありませんがJIS方式では無いと言う点もお忘れなく!!

レビューと題しており、製品のレビューではありますがやはりmacbookのキーボードのほうが打ちやすいですね笑
持ち運び用で一時しのぎであるならば使えないことは無いですが、メインで使用するならば私はmagic key boardを購入しますね。

 

iPad proとの接続


今回の前提としてiPadをノートパソコンとして使いたいということでしたのでしっかりとiPadでの動作チェックを行っていきます。

1,ipad側のBluetoothをオンにします。
2,キーボードの電源を入れ、FnキーとBluetoothのキーを同時に押します。
3,iPad側のBluetooth設定の画面のその他のデバイスにkeyboardと表示が出るので選択します。


4,すると、キーが表示されるので打ち込めば接続完了!!!!

このキーボードにはios用のファンクションキーの設定があり

ホームページに戻る
画面を明るく/暗く
検索画面の表示
キーボードの表示
前の曲へ
再生/一時停止
次の曲へ
ミュート
音量の上げ/下げ
スクリーンのロック/解除

上記をファンクションボタンから行うことができます。
私は、スクリーンのロック/解除を行うことができるボタンが気に入っています。

 

後記

今回購入しましたAnkerのキーボードはデザインも良くとても良くできています。買ってから数時間、この記事を作成するのに使っていますが慣れてくるとピッチの幅もそこまでの違和感はありません。しかし、キーの深さによる打感はなれないものです。本格的な使用ではなく、iPadをノートパソコンのようにして使いたいということで購入したので目的の達成度としては満点でした。

このキーボードを使って色々な記事を書いていきたいと思います。

Anker Ultra Slim Bluetooth Keyboard
https://jp.anker.com/products/A7726111

追記
確認してネットで買ったのですがAnkerのHPでは私の手元に今ある商品のことを Ultra Slim Bluetooth Keyboardと表記しているのに届いた箱にはUltra Compact bluetooth keyboardと表記してありました。届いた中身は希望していた物で間違いないのですが違うスペックの名前が記載されているという少し不思議な現象が起こっていました。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。