KONIKA C35 モルトを交換しました!!




どうも、こんにちはN(@new_style_tt)です!

最近購入しレンズフードを購入したりして、楽しんでいるC35 についての記事です。

今回は、購入時に劣化してしまっていたモルトを張り替えていきたいと思います。ちゃんと張替えを行える様にC35用のモルトをAmazonで購入しました!

モルトとは、フィルム格納庫への光を遮断するためのモノです。光をしっかりと遮断できていない状態でない場合、撮影した写真に光の影響が出てしまいます。今回はそのモルトを張り替える作業をご紹介します。

では、順を追って張り替えていきたいと思います。

KONIKA C35用 カット済みモルト張替えキット

C35 モルト交換1

封筒で届きました。これだけ?感がすごい…いやまあ、そらそうなんですが。

C35 モルト交換2

封筒には、モルトと棒が同封されていました。この棒が後々、重要な役割を果たしてくれます。このセットが800円くらいで結構するなぁと思っていたのですが、3台分でした。細かい所の張替えを行なうので、3台分用意してくれるのは、本当にうれしいです。1回失敗してもまだ1セット残っているのは安心感がありますよね。

張替え前のモルト

C35 モルト交換3

張替え前のC35です。劣化したモルトはボロボロになっているので、張替え時には新聞紙とかを下に敷いて作業することをオススメします!敷いてても机の上がカスまみれになりました。

C35 モルト交換4

劣化してしまって、元々そこに貼ってあったのかさえわからない状態。流石にこのままでは、光が漏れていしまいますよね。

C35 モルト交換6

この細かい部分も張り替えていきます。

張替えの手順

  • 今現在、貼られているモルトを綺麗に剥がしていきます。
  • 剥がれたら、張ってあったところに同じようにモルトを仮置きしていきます。
C35 モルト交換7

仮置きをすることで、長いパーツの置き方や貼って行く際の目安を確認することができます。このモルトは、ピッタしに設計されているので、この確認作業をオススメします。小さいパーツは半分ずつテープを剥がして貼っていくと、貼り損ないを防ぐことができました。

作業を終えて

C35用のモルトを購入したので、全体的にすんなりと貼り替え作業ができました。貼り替えの位置によっては、細かいパーツだったり突起物が邪魔ですんなりといかない場合もありました。そんな時は、付属の棒で突いたりして試行錯誤すると細かい部分でもなんとか貼ることができました。 C35は交換部分によっては、しっかりと形を作らなくてはいけない場所や、細かい部分があります。自分で切り貼りしていると気の遠くなりそうな作業なので、自分でモルトを切り貼りするよりも専用のモルトを購入して良かったなと思います。これで撮影体勢が整ったので、これからの春が楽しみです!!

では、

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。