公認会計士試験を受験してみて




どうも、こんにちはN(@new_style_tt)です!

先日の公認会計士、短答式試験を受験してきました。

これまでこのブログでは、iPadを使った勉強方法や簡単に出来る暗記の仕方などの記事を書いてきました。その中ではどこか気恥ずかしくて公認会計士を目指しているということをお伝えしていませんでした。落ちた時が怖かったので笑

1次試験となる短答式試験をいい結果で終えることが出来ました。これからはこれまでのiPadを使った勉強方法などにプラスして会計士の試験勉強にどれだけiPadが有用化?などについての記事を書いていきたいと思います。

会計士試験を振り返って

この短答式試験を受験するのは今回で3回目でした。恥ずかしながら1年目で合格することが出来ず、今回で3回目の受験となります。会計士試験は短答式試験と呼ばれる1次試験が年に2回、短答式試験の次に受ける論文式試験が年に1回行われます。1年に2回ある短答式試験に合格出来ないと必然的に2年目に突入することになります。

1年目が不甲斐ない結果に終わったので、自分の勉強法はどこが駄目だったのか?と自分の勉強方法を見つめ直し改善していきました。その過程で見つけた方法をこのブログで記事にしていった次第です。
得点比率77%という結果でした。自分を見つめ直し、見つけた勉強方法で合格ボーダーと言われる70%を超えることが出来ました。

これからブログでしていきたいこと

これからこのブログでしていきたいことは、論文式試験に向けての勉強方法の見つけ方やファッション記事、ガジェット関連の記事をバンバン書いていきたいと思います。

公認会計士試験については、12月短答が駄目だった時の5月短答へ向けての勉強方法なども余り詳しく書かれている記事が見られないのでそれについても詳しく書いていきたいと思います。

(@new_style_tt)
Twitterもやっているので詳しく何か聞きたいことがあればフォローしていただければと思います。

これからブログも頑張っていきますのでよろしくお願いします。
では、

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。