学校や習い事などの予定を一瞬で記帳出来るGoogleカレンダーを使いこなそう!!




毎週何曜日はこの授業で、何曜日はこの習い事がある。といった場合手書きの手帳に記載する場合にはその曜日の各週ごとに予定を記入していかなければなりませんよね。1ヶ月単位ならばすぐに記載することができますが、それが何ヶ月もまた何個もある場合には結構な時間と体力が必要となります。

そんな曜日ごとに予定がある程度決まっている方にオススメするのがGoogle カレンダーです。

Google カレンダーでは各週予定を簡単に一括で記入することが出来る機能があります。

では順に説明していきましょう!!

Googleカレンダーとは

Googleアカウントの機能として利用出来るサービスとなります。

Gmailのカレンダー版と思っていただけたらよいかと思います。

 

各週予定の簡単記入法!!!

 

Googleのアカウントでログインしていただくとこのような画面になります。

青枠で囲っているところをクリックすると

アカウントにて使用出来る機能が一覧で表示されますので、青囲みのカレンダーをクリックします。

カレンダーの画面になりますので、作成ボタンから予定を作成していきます。

無題の予定と書かれたところに予定を記入し、予定の日付、時間帯も指定します。

この時に指定する日付は、各週予定の一番直近の日を記入してください。

これから各週で行われる予定の一番最初の予定ですね。

記入が出来れば本題の繰り返すという青囲みの部分をクリックしてください。

 

 

するとこの様な表示が出てきますので、何周繰り返すのかを設定してください。

この際に、繰り返す予定の最終予定日を記入しその日までの予定を繰り返すこともできます。

その際には終了日というところから設定してください。

記入が終われば完了ボタンから設定を完了してください。

 

繰り返しの設定はこれで完了ですので、保存ボタンから予定を保存してください。

以上で終了です。

 

後記

私は、資格取得のため予備校に通っているので各週予定のものが多く、手帳に書くことがとてもしんどくなりこの方法を見つけました。Google カレンダーにはこの他にも便利な機能が備わっており今後も活用していきたいと思います。

今現在としては、月単位の予定はGoogle カレンダーにて確認し、毎日の記録やタスク管理についてはMOLESKINEを使ったバレットジャーナルにて管理しています。

良ければバレットジャーナルの記事も御覧ください。

https://newstyle.info/バレットジャーナルとモレスキン

 

手帳の2つ持ちなどはダブルブッキングを心配されます。しかし予定はGoogleカレンダーのみで管理しているためその心配もありません。Googleのアカウントさえ持っていれば利用できる上に携帯やパソコン・タブレットなどでも利用することが出来るため便利です。

 

もしよければご利用ください。

 

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。