タスク管理が苦手?そんな人はバレットジャーナルで管理しよう




バレットジャーナルとは?

バレットジャーナルについては過去に記事にしましたので詳しくはそちらを御覧ください。

バレットジャーナルとモレスキン

簡単に説明すると、無地の手帳に自分でルールを作りマンスリーページやウィークリーページを作って活用していく方法のことを言います。

自分でルールを作って手帳を作って行くので自由度が増し、自分の生活に合った手帳を作成することができます。

この記事ではそのバレットジャーナルを有効活用して、スケジュールを簡単に楽しく管理しようというものです。

数ヶ月前から僕もバレットジャーナルで手帳を作成してきました。

バレットジャーナルを活用していく上で、ポイントとなるのが自分のライフスタイルに合ったページを作ることが出来るか?という点が大きく関わります。

数ヶ月使用してみて自分なりに、使い勝手の良い形を見つけましたのでご紹介していきます。

資格の勉強をする上で必要な昨日が備わっていますので、今資格試験に向けて勉強している方や受験生におすすめです!!

タスク管理が苦手な人ももってこいです!!

ウィークリーページが便利になれば全てが変わる。

 

僕が手帳の中で必要とするのは、マンスリーページとウィークリーページです。
その中でも大切なのがウィークリーページです。
ウィークリーページで把握したいことは
・週のいつに予定があるのか?
・今週のうちにしないといけないことは何か?
・今日のタスクはなにか?

です。

この3点が1ページで把握出来る手帳って今の所見つけたことがありませんよね?

そこでバレットジャーナルの自由度が活きてくるのです。

月の1週目のウィークリーページです。
このページは下記のように3つのブロックに分けることができます。

左上のブロック  1週間の予定

このブロックでは1週間の何曜日になんの予定があるのか?を把握する為に無印の曜日シールを貼ってその週の日程を書き込んで使っています。

予定を書くスペースは限られていますが、基本の予定に関してはGoogle カレンダーにて確認しているため、使用に関して問題ありません。
もし、予定をもっと多く書き込みたい場合にはシールを使用せずに大きめにスペースを取り予定を記入するのも良いかもしれません。

予備校の授業が何曜日にあるのかを確認出来るようにしています。

 

左下のブロック  1週間のタスクの進行状況について

 

1週間の内にしなくてはならないタスクがどこまで進んでいるのか?を確認出来る様に日程を書き込みタスクの消化状況を確認しています。

 

右のブロック 1日のタスクの管理

 

このブロッグでは今日、何をしなくては行けないかを先程のタスクの進行状況のブロックから読み取り記入しています。その他にもその日その日にしなくてはならないことも適時記入しています。

 

 

まとめ

 

この様式にしてからタスクの管理がとてもしやすくなり毎週ウィークリーページを作るのが楽しみになりました。
自分で予定を書き込む枠組みを作ることで予定に対して、またタスクに関して敏感になりした。

資格取得に邁進されている方や受験生にはいちど試して頂きたいです。

バレットジャーナルを有効に活用することでスケジュール管理を楽しくしてみるのはいかがですか?

では、

モレスキン ノート クラシック ハード 方眼 ポケット MM712 黒

新品価格
¥1,987から
(2017/10/7 00:42時点)

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル

新品価格
¥1,512から
(2017/10/7 00:43時点)

 

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。