これ1台で2役、外出時はこれだけ持てばいいAnker PowerCore Fushion 5000レビュー




先日のAnkerのセールの時に前から気になっていたAnker PowerCore Fushion 5000を購入しました。1つでモバイルバッテリーとして、またコンセントからの充電が出来ます。

今までAnkerの20,000mhのモバイルバッテリーを持っていましたが、大きくて重かったので買い替えを考えていました。1週間ほど使用してみてとても良かったのでレビューしていきたいと思います。

 

Anker PowerCore Fushion 5000いいところ悪いところ

 

いいところ

・コンセントを持ち運ばなくて良くなった
・本体の充電がコンセントから出来る
・2つの端末を充電出来る

悪いところ

・本体が少し大きい
・容量が少し少ない

いいところ

 

・コンセントを持ち運ばなくてよくなった
今まではモバイルバッテリーとコンセントをいつも持ち運んでいました。Anker PowerCore Fushion 5000を購入してからは、これ1つだけをカバンの中に入れておけばいいので荷物がとても減りました。

・本体の充電がコンセントから出来る
今までのモバイルバッテリーは充電する際には充電用にケーブルを用意する必要がありました。Anker PowerCore Fushion 5000では本体をコンセントに刺すことで充電することが出来るので充電用のケーブルを用意する必要がなくなりました。旅行やちょっと出かける際などにはとても便利ですよね。

・2つの端末を充電出来る
ガジェットが好きな人はたくさんの端末を普段から持ち運んでいると思います。僕もその1人です。iPhone、iPad、AirPodsなど上げだしたらキリがありません笑、一気に充電がなくなることは滅多にありませんがそのもしもが来たときがもどかしいんですよね。そんな時にもAnker PowerCore Fushion 5000なら大丈夫。

 

悪いところ

 

・本体が少し大きい
思っていたより本体が大きかったです。とは言ってもモバイルバッテリーとしてまたコンセント充電器としてこのサイズに出来ている事自体がすごい企業努力なのでしょう。さすがAnkerですね。モバイルバッテリーとコンセントを持ち運ぶことを考えると圧倒的に容積を削減出来ます。もし購入する際にはサイズ感は少し気にした方が良いかもしれません。

・容量が少ない
先程も上述していたように、複数の端末を持ち運ぶ際には5,000mhでは少し容量不足かなといった所があります。数日使用してみましたがiPhone、iPad、AirPodsを日常的に使用している分には5,000mhで十分でした。この3つの中で一番Anker PowerCore Fushion 5000を使用する頻度が高かったのはiPhoneでした。複数の端末を持ち運ばないiPhoneだけに使いたいという人にはAnker PowerCore Fushion 5000で十分だと思います。

 

Anker PowerCore Fushion 5000のスペック

 

容量 5000mAh/18.5Wh
AC入力 100−240V~0.5A50~60Hz
Micro USB入力 5V~2.1A
ACアダプタ出力 5V~2.1A(最大2.1A)
モバイルバッテリー出力 5V~3A(最大3A)
サイズ 約72×70×31mm
重さ 約189g
ankerHPより

1台で2役というモバイルバッテリーのミニマリスト

いつものAnkerの箱に入ってやってきたAnker PowerCore Fushion 5000

アクセサリーとして、充電用のケーブルとポーチが入っていました。

表面は他のAnkerのモバイルバッテリーと同じくマットな質感です。少し傷が目立つので白色にしておけばよかったかなと思いました。白色は白色で他の色が目立つかなと思います。

Anker PowerCore Fushion 5000は2つの端末を同時に充電することが出来ます。iPhone7を約2回充電可能な容量(5,000mh)を持ちます。本体はコンセント以外にMicro USBでも充電することが出来ます。

本体はこのようにコンセントから充電することが出来ます。コンセントに挿している状態で端末を接続すると、端末から先に充電される使用になっているようです。端末の充電が終了すると本体の充電に入ります。

大きさがわかるようにiPhone6一緒に写真を撮って見ました。この大きさに5,000mhのモバイルバッテリーとコンセントが入っているのはすごい。昔は2,000mhぐらいのモバイルバッテリーでもこれぐらいの大きさでしたよね。

今まで使っていたAnkerのモバイルバッテリーとの比較です。大きさが2分の1ぐらいになりましたね。

まとめ

Anker PowerCore Fushion 5000を購入することで、持ち物は少なくなり軽くなりました。これまでモバイルバッテリーが大きかった為、ちょっと出かけるときも大きめのカバンで出かけていました。小さめのカバンでも出かけることが出来るようになりました。これだけをカバンに入れておけば、いざという時にも困りません。

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。