【レビュー】cote&ciel ISAR Lサイズ 大容量でモードなバックパックの使用レビューです。




どうも、こんにちはN(@new_style_tt)です!

今回のレビューはcote&cielのISARをレビューしていきたいと思います。cote&ciel ISARは発売されてから数年が経過していますが、今でも人気のあるバックパックの1つです。これまでも何度か購入を検討したことがあるのですが、みんなが持っているというのがネックで購入に至りませんでした。みんなが持っているものは極力持ちたくないという、ちょっと天邪鬼的なところがあるんですよね。
cote&cielのカバンはRHINEを前に購入していたので2つ目です。

とはいえ、実際に実物を見た時にやはりかっこよくて、容量もそれなりにあるので気がついたら購入していました。今ではどこに行くのにも、どれだけ荷物が少なくてもこのバックパックを使用するようになりました。すっかり惚れ込んでしまったcote&ciel ISAR語っていきたいと思います。

今回はまず写真でその機能やカッコよさをご紹介していきたいと思います。

洗礼されたその外観

Cote ciel ISAR18

少し変わった左右非対称のデザインになっています。パンパンに荷物を入れた時には曲線がかっこいいです。荷物が少ない時にはバックルで調整できます。薄くした時のシルエットもカッコいいですよ。

Cote ciel ISAR20

構造が2層になっていて、背負う側にもスペースが設けられています。後ほど紹介しますが、PC等はここに収納するようになっています。背中の部分にもクッションが厚めに設けられているので、背負っている時の背中への負担が軽減されているように思います。空気を抜く溝が用意されており、ムレも軽減されています。

Cote ciel ISAR4

cote&cielがかっこいいのは、こういったバックル等に拘りを持っているところです。日本のブランドでは少ないですが、こういうところは日本の職人のような感じを受けますよね。

Cote ciel ISAR8

同じ様に肩当ての長さを調整する部分も、オリジナルのロゴが入った物が使用されています。RHINEも同じものが使われていました。

Cote ciel ISAR3

購入時に店員さんと話していて知ったのですが、このチャックや先ほどのバックルは自社で生産しているそうです。この部分がもし、故障しても無償で交換してもらえるそうです。この細かい所まで、拘りを持っているところが凄いですよね。

Cote ciel ISAR7

こちらのチャックも同様に、自社製のものを使用しています。

Cote ciel ISAR6

ロゴもしれっとついています。こういうロゴの主張しない感じが良いですよね。ISARは形でcote&cielって主張してるようなものですけど…

いくらでも入るかのような収納力

Cote ciel ISAR19

ISARは2つの収納スペースに分かれています。まずは、外側のスペースから説明していきます。この部分はガバッと大きく開くことができます。これは旅行等に行くのには、とても便利な機能ですよね。店員さん曰く、2泊3日の国内旅行の荷物ぐらいであれば収納可能だそうです。

Cote ciel ISAR1

この部分には小ささな収納スペースが設けられています。このポケットは外のチャックを開けると1番んにアクセス出来るので、財布等を入れるようにしています。これがとても便利です!

Cote ciel ISAR2

ここに隠れているロゴが本当にかっこいいんですよね。写真を撮っていて、とても惚れました。

Cote ciel ISAR9

次は、背面のPC収納部分についてご紹介します。この部分はRHINEと同じ様に開く様になっています。これくらい開けば、電車等の狭いスペースでもPCを取り出すことが出来ますよね。

Cote ciel ISAR10

開けて1番に迎えてくれるのが、PCの収納スペースです。ここはRHINEの時もそうですが、とても厚い保護クッションが用いられています。このくらい保護が厚いとノートPCを持ち運ぶ際に、別途保護ケースを用意する必要がなくなりました。よくノートPCを持ち運ぶ様な人には、ありがたい装備ですよね。

Cote ciel ISAR11

その奥にあるのが、その他の収納スペースです。仕切りがあることで、教材等を分けて収納することができます。これが地味に便利だなと思っています。しかし、仕切りがあることで厚さがある荷物はこの収納スペースには収納できません。厚さのある荷物は背面側に入れるので大丈夫かなというのが、今のところの感想です。それを想定して、この仕切りがあるのかも知れません。

一般的なバックパックの場合には、教材もその他の荷物と一緒に収納しないといけないのでぐちゃぐちゃになってしまうことがあります。この背面部分の収納スペースに、分けて収納できるのはとてもありがたいです。

Cote ciel ISAR12

その側面にも収納スペースが用意されています。RHINEの時は深めのポケットだったのですが、今回はちょっと浅めでiPadが横向きでギリギリ入るかというぐらい。RHINEにあった、iPadを入れるポケットは便利だったのでちょっとマイナスポイントです。

Cote ciel ISAR13

反対側にもポケットが用意されています。ここには細かいガジェットやケーブルを収納しています。

cote&ciel ISARとは?

このISARはあのスティーブ・ジョブスが、cote&cielにMacBookを持ち運ぶ社員のためにかっこいいデザインのバックパックを作って欲しい、とのことで登場したそうです。この格好良さは、この登場の経緯も関係するのでしょうか。その後ジョブスはISARを愛用していたようです。ジョブスが愛用していた点からも、ISARというバックのプロダクトとしての良さが垣間見れますね。

ISARはとても人気でモードが好きな人から、おしゃれに敏感な人までいろんな人がこのバックパックを持っています。ほんとにみんなが持っているものは、極力避けてきたのですが、このバックパックはそんな拘りもアホらしく思えるぐらいかっこよかった!!店員さん曰く、グレーを持っている人は多いのですが、真っ黒を持っている人は少ないそうです。もし、同じようにみんなが持っているからと、躊躇していた人には真っ黒をおすすめします。

このISARには、S、M、Lという3つのサイズが用意されています。僕は、Lサイズを購入しました。
Lサイズの概要としましては、

  • サイズ W29㎝×H34㎝×D4cm
  • 容量 2泊3日の国内旅行が可能なレベル(公式な発表が無いため詳細不明)

では、次にISARのオススメポイントを紹介して行きたいと思います!

だから、僕はISARを選びます

優れた耐水性

Cote ciel ISAR18

ISARで使用されている生地は、ペットボトルをリサイクして作られたものです。そのため、撥水性が優れています。ちょっとぐらいの雨なら大丈夫です。また汚れても、濡れタオルで拭いてあげると綺麗にすることができます。使用している期間が長くなると、生地が汚れたりヘタってしまったりすることがありますが、ISARは綺麗な状態で長く使えそうだと思い購入に至りました。やはり安い買い物ではなかったので、この辺の製品としての良さが購入のポイントでした。

計算された負荷

Cote ciel ISAR14

同じcote&cielのRHINEを使用していた時にも感じていたのですが、肩への負担が他のカバンに比べて段違いに軽いです。背負い始めはちょっと違和感を感じるのですが、慣れてくるとその違和感も感じなくなります。

Cote ciel ISAR15

ベルト付近もしっかりと加工がされていて安心です。この部分に他のバックパックとは違い角度が付いているので、負担が軽減されているのでしょうか?僕は荷物が多く、カバンが変わっても持ち歩く物は変わらないタイプなのですが、他のカバンから荷物を移した時に肩への負担が全然違いました。もし購入を悩まれているのであれば、実際に店舗で背負ってみることをオススメします。

使い勝手がいいポケットの配置

Cote ciel ISAR1

背面スペースのチャックを開けると直ぐにこのポケットがあるので、ここに財布を入れておくと必要な時に直ぐに取り出すことができます。

Cote ciel ISAR17

同じ面には携帯や鍵などを入れる小さなポケットがあります。これが地味に便利でよく使っています。ISARはPC収納スペースには直ぐにアクセスできませんし、外側のスペースは先程のポケット以外は大きな括りになるので、意外と使い勝手が悪いように感じます。しかし、その弱点をこの小さなポケットが補ってくれるんですよね。ここに鍵とか携帯とか定期とか、すぐにアクセスしたい小物を入れて置くと便利です。

カッチリしたスタイルにもカジュアルなスタイルにも

アシンメトリーのデザインからモードなスタイルにしか合わない様に思われがちですが、意外とジャケットを着るようなカッチリしたスタイルでも合うんですよね。

ISAR 着用1

180㌢の男性が背負ったらこんな感じになります

ISAR 着用2

170㌢の男性が背負ったらこんな感じになります。この写真は僕なのですが、大きめのLをサイズを背負うことで、カバンに背負われている感じが玄人っぽくて好きです!

ISAR 着用3

横からみたらこんな感じになります。この面はカバンのデザインが、良く映えるので好きです。

ISAR 着用6

ジャケットを着るとこんな感じになります。カッチリしたスタイルでも大丈夫ってアピールしたかったのですが、上手く写真で表すことができませんでした。物撮りとは違う難しさが存在しますね…カッチリしたスタイルのほうが、モード感が強くなって僕は好きです。

ISAR 着用8

今回のレビューは写真多めで、アピールポイントに力を入れてレビューしてみました。このレビューを書き始めてから1ヶ月ぐらい経ったので、書き始めはファーストインプレッション的なものとして書き始めていたのですが、気がつけばガッツリ使ってみてのレビューとなっていました。

「みんなが持っているから」と躊躇していたISARですが、その実物に触れてみて、その良さに惚れ込み購入しました。今回のレビューでは僕が触れてみて購入に至った点や実際に使いはじめてから気に入った、使ってみないと分からない点をもれなくレビューさせていただきました。やはり良いものは実際に使って見ないと分からないものですね。

詳しくは、ご紹介していませんでしたが、このISARはカメラバックとして利用されている方も多いみたいです。僕もカメラを購入したらバンバン使っていきたいと思います。
その際にはカメラ自体は、小さなカメラケースで持ち運びたいと思います。

今回レビューしたcote&cielのISAR Lサイズは、正規店で購入すると約43,000円ほどでした。しかし、Amazonでの購入となると並行輸入品で約22,000円と半額ほどで購入できます。僕は購入する時に、Amazonのが安いだろうなと思っていましたがここまで安いとは…正規店で購入するメリットとしては、購入時のレシートを持っていると半永久的に無料でメンテナンスをしてもらえるようです。ご紹介した自社製のチャックなんかも壊れたら無料で直してもらえるみたいです!

とはいっても、Amazon安すぎでしょ…

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です