【レビュー】ウェアラブルならこれで十分!!良コスパ!Xiaomi mi band 2 




どうも、こんにちはN(@new_style_tt)です!

最近、健康診断に引っかかった母親からかっこいい万歩計を知らない?と聞かれたことから購入に至ったXiaomi mi band 2についてレビューしていきたいと思います。

AppleWatchほど優秀ではありませんが、万歩計や活動量計としては当たり前に動作する上にちょっとした通知を受け取ることもできます。この価格にしてはとても良くできた製品だと思いますのでレビューしていきたいと思います。

 

目次

・外観レビュー
・スペック
・出来ること
・メリット・デメリット

外観レビュー

 

まずは開封の義

Appleみたいな箱で届きました。この辺はXiaomi Mi Notebook Airを出しちゃうぐらいだからAppleに寄せていってるのでしょうね。嫌いでは無いです。

 

蓋をあけるとこんな感じ。バンド部分と充電用のケーブルが入っています。

箱と付属品

装着してみた

 

本体をバンド付けて装着してみました。AppleWatch以外のウェアラブル端末なんて…みたいな感じで思っていましたがこれはかっこいいですね。今回は母親様に購入しましたがこれは自分用にも欲しい笑、デザインも洗礼されているのでビジネスとかでも大丈夫だと思います。

手首側です。止める部分は穴に突起を差し込む方式になっているのですがこれがちょっと慣れが必要な感じです。デザイン的にも本体のボタンと同じようなデザインの留め具がついていてかっこいいです。こういうちょっとした拘りみたいなところに惹かれますよね笑

ちょっと馬鹿にしていましたが、このデザインならありかなと思いますね。

 

スペックについて

 

重さ・約20㌘
連続動作・約20日間
防水・IP67相当
通信・Bluetooth4.0
機能・フィットネストラッキング機能、心拍測定、睡眠測定

重さに関しては装着してみても重さを感じないほどです。長時間や睡眠中に関しての装着も問題なくできそうです。

活動量計ということで防水性についてはIP67相当とのこと。日常生活で使うのであれば問題無いでしょう。

 

本体の画面に関しても時間を読み取るのには十分な明るさですので問題なさそうです。

 

Xiaomi Mi band 2 で出来ること

Mi band2はスマホにアプリを入れることで様々なことが出来るように成ります。

Mi Fit

ダウンロード後にMiアカウントを作成すると機能を使えるように成ります。

Mi band2で出来ることはいくつもありますがその中でもいいと思った物をご紹介していきます。

正確な万歩計として使用できる

 

もともと運動不足の母がiPhoneのアプリで歩数を計測していたのですが、iPhoneを持っていない時の歩数がカウントされないことから常にカウント出来るようにこの製品を購入しました。本体が軽量ですので時計を付けている感覚で付けられるそうです。ウェアラブル端末としての本来の機能をしっかりと全うしていますね。

 

スマホの通知を受け取ることが出来る

 

電話やSNS、LINEなどの通知を端末で受け取ることができます。通知が来る際には本体がぶるっと震えるので大事な通知を逃すことも少なくなるのではないかと思います。この価格帯では、通知を受け取るということしかできないのですがどっちにしろ通知に反応する際にはスマホ本体から行うので通知だけで十分かと思います。むしろ通知を受け取ることができて便利ですね。通知自体は振動と画面にシンプルなロゴが表示さされLINEなのか電話がかかってきているのかメールなのかを確認することができます。

アラームを振動で教えてくれる

 

日頃、予備校の自習室で勉強している時間が多いのですがそういうときには音のなるアラームを使用することができないのでアラームを振動で教えてくれる機能は便利ですね。まぁ僕は使わないんですけどね笑、なんだか自分用のレビューになってきたなぁ笑

メリットとデメリット

 

メリットについて

 

ウェアラブル端末として発売された商品として求められていることを全うしていると思います。

 

・本体が軽量ですので常に身につけていられる。
・防水
・通知を受け取ることが出来る。

 

本体が軽量なので常に身につけることが出来る。かつ、防水ですので健康管理ためのウェアラブル端末としてしっかりと使いこなすことができます。機能は詰まっているがずっと身につけることができない様ではその機能を使いこなすことはできませんよね。Mi Band2はその点機能をしっかりと使いこなせる使用になっていると思います。

また、簡単な通知を受け取ることができます。AppleWatchのように返信することなどは不可能ですがそれでもこの価格帯で通知を受け取ることが出来るのはとても便利です。

電池の持ちも20日間と、とても長いです。常に身につけているものとして、毎日充電が必要なのはちょっと面倒ですよね。

 

デメリットについて

 

レビューをしている今現在試用期間が短いので余り浮かびませんが一様記載しておきます。

 

・留め具がちょっと付けにくい
・充電するために専用のケーブルが必要

 

留め具がちょっと付けにくいんですよね。外観レビューでも触れましたが穴に突起を差し込む使用になっていていこの突起がささっと差し込みにくいんですよね。

また、充電の際にも専用のケーブルが必要です。もしこのケーブルなくしたらどうなるんだろう?と思いますね。もしかしたら本体を買い直すほうが安くなったり。この点はもう少し考えてほしかったなと思います。防水性能を上げるためにはこれが必要だったのかなぁと思います。

 

まとめ

 

 

今回は母用に購入したMi Band2ですが、コストパフォーマンスがとても良かったと感じています。僕自身デザインも素晴らしいと思いますし、商品自体のコンセプトもウェアラブル端末として備えた機能を全て使い切れるような使用だなと感じました。この価格帯でしっかりとウェアラブル端末として機能し、簡単ながらスマホの通知も受け取ることが出来る。Xiaomiが急成長する理由もわかりますね。

 

ちょっと得した気分です笑
自分用も買っちゃおうかな!!
いっその事AppleWatchかな??

 

 

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。