moleskine white




Moleskine white1
どうも、こんにちはN(@new_style_tt)です!

ついに念願のmoleskineのwhiteを購入しました。以前まで黒色を使っていましたがトバログで紹介されていたこのwhiteを見た時に衝撃を受けました。あまりにもかっこよかったので、次にmoleskineを購入するときには絶対whiteにしようと考えていました。先日カバンの中でコーヒーをぶちまけるという惨事により今まで使っていたmoleskineがボロボロになってしまったので、その勢いからこのwhiteを購入しました。かっこよさをお伝え出来るようにレビューしていきたいと思います!

moleskineとは?

moleskineは、ゴッホやピカソも使っていたそうです。実際に全く同じモノというわけではなく、様式等が同じということみたいです。

種類としては外側の硬さについて2種類、無地や方眼、横線等の紙の種類、大きさで2種類用意されています。
今回購入したものは、外側の硬さがハードで方眼のラージサイズと呼ばれる物を購入しました。

真っ白なmoleskine

Moleskine white1

たまらなく綺麗なこの白色。これまで持ち物は全て黒色で集めてきていたので、カバンの中にこのmoleskineを入れておくとその白さが際立ってめちゃくちゃ映えます。

Moleskine white2

開けると、真っ黒なmoleskineと変わらないページが出迎えてくれます。見た目は大きく違えどその使い勝手が変わることはありません。

Moleskine white4

そして、お決まりの後ろのページに付いているポケットです。僕はここに小さなハサミと付箋を入れています。カラフルな付箋を使うことでこのmoleskineに色をくわえていくのもいいですね。

Moleskine white5

真っ白な裏表紙の下にいつものロゴがあります。真っ黒のmoleskineにあるロゴもかっこよかったですが、やっぱり真っ白な中にこのロゴは痺れますね。

持ち歩きたくなるノート

Moleskine white6
かっこいいものというのは、常に持ち歩きたくなりますよね。このmoleskineを購入してから、いつもカバンの中にこのmoleskineを入れています。お気に入りの物をもつそれだけで気分が上がりますよね。お気に入りのノートにお気に入りのペンでなんでもないことを書き溜めていく。こういうなんでもないことが、気分を上げてくれたりやる気の源であり大切なことなんでしょうね。

いつもの持ち物に刺激を

Moleskine white7

これまで、持ち物は黒色で集めるというのが僕のコダワリでした。でも、このmoleskineは無性に魅力的に感じ、普段の僕のコダワリには反しますが購入しました。日頃真っ黒な持ち物にこのmoleskineが加わると、その白さが際立ち所有欲をくすぐってきます。単純に買ってよかったなを上回るこの満足感、たまらないですよね。これまで、moleskineを愛用してきた人も1度このmoleskineを手にとってみてください。カバンの中が真っ黒な人、一度この真っ白なmoleskineをカバンに入れてみてください。きっといい刺激が得られると思います。

では、このへんで

Twitterもやっています!!
フォローしていただければ喜びます。
N(@new_style_tt)

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。