iPad Proで勉強することが資格試験を快適にする理由。




iPad Proで勉強することが資格試験を快適にする理由。

 

こんにちはN(@new_style_tt)です!

僕は公認会計士を目指し、日々勉強に追われています。
たくさんの教科書をカバンに詰め込み、重いカバンを背負いながら予備校と家の往復する毎日を過ごしていました。
そんな僕の生活がiPad proを手に入れて一変しました。
今ではペンと手帳、iPad proだけをカバンに入れて予備校に通っています。
またiPad proを手に入れてからというもの学習効率が良くなっただけでなく、iPad proに全てを集約することで通学時間などのスキマ時間にも、勉強することができるようになりました。

同じように資格取得を目指す人に向けて、どれだけiPad proが素晴らしいアイテムであるかをご紹介していきたいと思います。

iPad Proとは?

 

皆さんご存知かと思いますが、iPadproとはAppleから発売されているタブレットです。proの名前がついたiPadではApplePencilを用いることで、紙に文字を書いているような感覚でメモを取れる様になりました。

今回はそのiPad proが資格試験に挑む際に何故チートアイテムなるのか?について詳しくご紹介していきます。

今回使用していくのは先程もご紹介しましたiPad proです。Appleから販売されているタブレットであるiPad pro。サイズとして12.9インチと10.5インチの2種類が販売されています。僕が使用しているのは、旧モデルの9.7インチ。今回オススメするのは10.5インチのiPad Proです。12.9インチは大きさがノートPCぐらいあるので今回の持ち運びには適さないと考えています。大きくても大丈夫というのであれば、12.9インチの方が適していると思います。大きいに越したことはありませんから。

*今現在(再編集時 2017/10/07)では10.5インチの新型が販売されていますが、ApplePencilが使用できれば新型でも旧型の9.7インチでも構いません。10.5インチの方が軽量ですのでオススメです。新型のiPad Pro11インチもこの勉強方法に適していると考えています。

iPad proで勉強するメリット

 

  • 教科書、その他資料、テストのプリントをiPadで管理出来る
  • iPad proならば講義ノート、講義の録音も一括管理出来る
  • iPad proで教材が管理出来るため、iPad proさえあれば良くなる
  • iPadが使える環境であるならば、どこでも勉強が出来る

教科書、その他資料、テストのプリントをiPad proで管理出来る!

教科書、その他資料、テストのプリントがiPad proの集約されるので、これまでの様に教科書やプリントの入ったファイルをカバンに詰め込む様な生活からおさらばできます。iPadproを手に入れるまでは、重たいカバンを毎日背負っていたので肩こりが慢性的な問題となっていました。
今では、ペンと手帳、iPadproだけをカバンに放り込み予備校へ通っています。これだけでiPadproを購入してよかったなと思います。

また、iPad proに必要な資料を集約しているので自分が必要とする資料にすぐアクセスすることができるようになりました。

iPad proならば講義ノート、講義の録音も一括管理ができます。

会計士試験は科目数が多い上に、その科目ごとに教科書が大量に存在します。また、その教科書ごとに講義メモが存在するので教科書とそれらをまとめるノートやルーズリーフを用意し管理するのは結構な労力を要します。iPad proならば、講義ノートを先程の教科書やテストのプリントと一緒に管理することができます!これがめちゃくちゃ便利!SplitView機能を使用すれば、教科書を見ながら講義ノートを取れるなど便利なことこの上なし!!!

また、だいたい予備校の授業は夜に行われるので、授業中に疲れて寝てしまう。ってことも多々ありました。そんな時には録音アプリで講義を録音しておき、聴き逃した部分を補っていました。大学が終わってからの予備校の講義は、やる気云々の前にどうしても限界が来てしまうため、この機能はとても重宝しました。倍速で授業を聞くのは復習にもいいのでおすすめです!!

iPadが使える環境であるならば、どこでも勉強が出来る

 

全ての教材がiPad proに集約されているため、例えば電車の中などでも勉強をすることができます。
通学の行き帰り往復2時間を勉強に当てることができたのは、とても効果的でした。

iPad pro で勉強をするデメリット

 

  • 教科書、プリント類をデータ化する機材が必要
  • データ化した教科書は穴を開けてファイル化する必要あり

教科書、プリント類をデータ化する機材が必要

 

先程からiPadproに入れる、入れると簡単に言っていましたがこれが結構大変。それゆえ、自炊と呼ばれる様なデータ化の作業が必要になります。自炊とは本をスキャナーで読み取り、PDF化する作業です。これには、スキャナーや裁断機が必要となり初期費用がかかります。自炊を代行してくれるサービスもネットで探せば出てきます。それらを利用するのも1つの手段ですね。

自炊に関して、下記でも簡単に説明していますが記事にもしているので良ければご覧ください。

Scansnap iX500を使って書籍、書類をデータ化する方法

 

データ化した教科書は穴を開けてファイル化する必要あり

 

データ化の作業をしてしまうと、本を裁断することになるのでバラバラになってしまいます。いくらiPad proに集約すると言っても教科書は置いて置きたいので穴を開けて、ルーズリーフのファイルで管理するためファイル化する作業が必要です。これも人によると思いますが必要になってくるかと思います。

 

iPad proで勉強するための補助的アイテム

 

iPadproはそれだけではチートアイテムにはなりません。
教科書やプリント類をデータ化するアプリやデータ化するスキャナー、裁断機が必要になります。
ここではそれらを紹介していきます。

自炊に必要なアイテム

 

ここでは、自分でデータ化することを前提にお話していきます。
その際に必要となるのがスキャナー、アイロン、裁断機です。

スキャナーとしては、
scan snap ix500

 

canon dr-c225w

が候補として上げられます。
何百ページとある教科書をデータ化するため、1回の読み込み枚数が多い機種をオススメします。

僕は、scansnap ix500を使用しています。ix500は自炊の定番アイテムとされており、1年ほど使用していますが不満はありません。良く頑張ってくれています。

裁断機についてはA4サイズをある程度の枚数で切れることが必要であるため、その条件に当てはまるものであれば大丈夫です。

僕の使っている裁断機はカール事務器の裁断機 ディスクカッター DC-210Nです。

アイロンに関しては、ご自宅でご使用のもので大丈夫です。

iPadproを資格試験においてのチートアイテム化するアプリ達

 

データ化したものを見るため、管理するために使用するのはGoodreader を使用しています。

GoodReader

GoodReader

Good.iWare, Inc.¥600posted withアプリーチ

注釈を入れることができ、またdropboxやgoogle drive、iCloud 経由でのファイルの転送ができるのでとても便利です。

少し値段がしますが、定期的にセールをしている気がしますので、その際に手に入れれば、安く手に入れることができます。

Documentsなどもファイル管理アプリとしては有名ですが、僕は両方使ってみてやはりGoodreaderが良かったです。

また、講義ノートを取る際にはNoteというアプリを使用しております。

MetaMoJi Note Lite

MetaMoJi Note Lite

MetaMoJi Corporation無料posted withアプリーチ

ノートをファイルごとに管理できる点やノートを様々な種類のペンにより取れる事。また、録音もできます。資格試験において講義の聴き逃しは地味にダメージが大きいので、毎講義録音するようにしています。講義ノートとひも付けして録音が出来るので管理が簡単です。

またアプリの機能として、録音時にマーキングをすることができます。先程もお話したように授業中に限界が来てしまったときなど、マーキングをすることで、復習時に寝てしまった所を充填的に聞き直すことができます。この機能に何度助けられたことか笑、とても便利でした。

このアプリを本格的に使用しようとすれば有料版を購入する必要があります。少しの投資だと思えば元を取ることが出来るほど使い倒せますのでおすすめです。

まとめ

 

iPad proには他にもできることがありますが、1年間私は勉強のキーアイテムとして使って来ました。

これまで重い荷物を持っていたのがipad proさえあれば事足り、ノートも教科書とセットで見れる。僕にとっては画期的でした。是非、資格試験に挑戦している方はiPad proを導入してみてほしいです。

投資額は結構な値段になりますが、スキャナーやiPad自体には勉強以外の使い方もありますので、気にすることなく買っちゃってください笑

iPadを使った学習法に関して他の記事も書いているのでよければ御覧ください。

追記
資格学習に最適なiPad proの選び方!iPadを計4台購入して学んだ3つの判断基準
この記事で資格学習に使用する場合のiPad proのモデルの選び方について記載しています。合わせて御覧ください。

では、皆さんの資格試験がいい結果となりますように。

Twitterもしています。

フォローしていただければ、個別に対応していきます。

TwitterアカウントはN(@new_style_tt)です。

新型iPad Proについての記事も書いています。
新型iPad pro 2018が欲しい理由。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。