誰でも成績が上がる勉強法




絶対的な勉強法はない?

誰でも勉強が得意になる勉強方法と題名にしましたがそんなものはありません。
100回書けば覚えられる!!声に出して復唱すれば覚えることができる!!!など良く本屋さんで見かけるフレーズですが、これらはその本を読んだすべての人がその方法で勉強が得意になるというものではないと思うのです。
学習方法に行き詰まり、何冊か勉強方法についての本を読みましたが自分にハマったのは1冊だけでした。
そもそも人によって得意な勉強方法というのは、違うのですからそうなるのも当たり前だと思うのです。

読んで覚えるのが得意な人、書いて覚えるのが得意な人など勉強方法は人それぞれです。
勉強が得意な人、テストで成績がいい人などは自分にあった勉強方法を見つけている人です。
勉強方法についての書籍はいくつもありますが、勉強方法の見つけ方についてはあまり書籍でも見かけないので今回は自分にあった勉強方法の見つけ方について書いていきたいと思います。
勉強方法さえ、自分の中で確立してしまえば科目が変わったとしても応用することができるので、人生においての財産となるでしょう。


あなたは読む派?書く派?声に出す派?

 

勉強方法といっても読んで覚える人や書いて覚える人、声に出して覚える人、運動しながら覚える人など上げだしたらキリがありませんが大体は読んで覚える人と書いて覚える人の2パターンに分かれるのではないかと思います。
読む派、書く派で私が効果的だと考えている方法を紹介します。

読む派

読む派の人は、何度も読むことで覚える方が多いと思います。
私もそのうちの1人で、教科書を最初から最後まで何回も読むことで方法で勉強をしていました。ただ読み込むだけでは中々成績が上がらず伸び悩んでいるところ、ある本に出会いました。

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法 | 山口 真由 | 自己啓発 | Kindleストア | Amazon

読み込みを行う回数ごとに読み込み方を変えて行く勉強方法を紹介されています。キンドル版もあるのでよければ!

私なりにアレンジした方法をご紹介します。

1,読み込みを行う際に本の目次になるレベルのタイトルをまず読み、本全体の内容を覚えていきます。
2,本全体の内容を理解できたら、そのタイトルの中の見出しを読み込んでいきます。読み込みを行っていく際に先程覚えたタイトルを見た段階でそのタイトルの中にある見出しを覚えているかの確認をしていきます。その時に覚えていなかったものをその回に読み込み、重点的に補強を行います。
3、上記の段階まで覚えることができたら、本全体を読むように先程覚えたタイトルの中の見出しの中を読んでいきます。

この方法で読み込むことで本全体を覚えていくことができます。

書く派

書く派の人は何度も書くことで覚える方が多いと思います。

1、覚えたいことを読んで
2、覚えることを見ずに書いてみる
3,間違えたところを色ペンで修正する

この繰り返しで覚えていくのが効果的かと思います。

対象によって変わる勉強方法

読んで覚える、書いて覚えるなど様々な勉強法を試して見ましたがその中でそれぞれの勉強方法にメリット・デメリットがあることに気付きました。

単語などキーワードを覚える際には、読み込みより書いて覚えることが向いており、長い文章を覚える際には書いて覚えるよりも読んで覚えることが向いている。

これは、私の体験談であり私の場合です。
人によってはこれも変わっていくと思います。
ですが長い文に関しては、読み込むことの方が効率がいいと思います。先程紹介しました7回読み勉強法でも教科書の中身を覚える際には、読み込む方が効率的であると言われています。



自分に最適な勉強方法の見つけ方

勉強方法が見つかっても今の勉強方法を変えることは怖いですよね。
その為、中々踏み出せずそのままの勉強方法で進んでしまう。
そんな方は自分にあった勉強方法を見つける際に、小テストなどちょっとした目標に向けて勉強方法を試し、その結果でその効果を測ってみるのがいいと思います。


後記

資格勉強を行っていく上で、私は勉強方法に悩み、成績も伸び悩んでいました。
朝から晩まで勉強していて、自分と同じくらい勉強している方が自分より成績がいいことに疑問を抱いていました。
自分とその人達は何が違うのだろう。
の疑問を解消するために自分の勉強方法を見直すことにしました。

他の人と自分との違いは勉強効率であり、勉強効率は勉強方法に左右される。
ずっと続けて来た勉強方法から変えることで成績が下がるのではないか?と心配になり踏み出せない方もいると思います。私もそうでした。
この悪循環に陥り私は成績が伸び悩みました。
間違った勉強方法は効率が悪いです。
勉強時間に対して成績の上がりが悪い人は思い切って変える方がいいと思います。

資格勉強を行う上で私のように伸び悩んでいた方に役立ててほしいと思いこの記事を書きました。




スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。