新型iPad pro 2018が欲しい理由。




どうも、こんにちはN(@new_style_tt)です!

新しいiPad Proが発売されましたね。今回のiPad Proは事前予想の段階からUSB typeCへ端子が変更されることやfaceIDの追加、そしてそれに伴う画面のベゼルレス化が噂されていました。

iPhoneXを使用していてfaceIDへ良い印象を持っていなかったので、机に直置きするiPadへのfaceIDの追加はプラスに受け取れませんでした。懸念点が多かったので発売されてもわざわざ買い換えるほどではないな、そう思っていたはずなのに発表されてから気になって仕方ありません。

気になるポイントをまとめていきたいと思います。Adobe MaxでのiPad向けフルバージョンPhotoshopの発表はこのiPad Proの発表への布石だったのでしょうか。

iPad Pro 2018

iPad Pro 2018の大きく変わったデザイン

まずはデザイン面からです。faceIDが追加になることで買う気なんて全く無かったのですが、このデザインを見た時に一気に欲しくなりました。これまでのiPadにあったような流線型のデザインから、ややカクカクしたデザインになりました。

サイド面は先代までのiPadのようなデザインではなく、画面から底面までが直線となっています。これはかっこいいですが、机に直置きするような場合には取りにくくなっているような気がします。デザインと使い勝手がトレードオフに。

先代のiPad Proを裸体で使用しなかった点として、カメラのレンズが飛び出しているという点があります。今回はなくなることを期待していたのですが、写真を見る限りしっかりと出てますね。

ボタンがなくなったことで操作性

 

スマホ端末をiPhoneXに変えてからiPadの操作性に戸惑うことが増えました。iPhoneXでは右上からスライドでコントロールパネルを取り出すのに対して、iPadでは下からのスライドのまま。何度も失敗してはここでストレスを貯めていました。

ボタンがなくなりiPhoneXと同じ画面仕様となったことで、その辺りの操作は同一になると考えています。ホームへ帰る時の操作が画面底部から中央部へのスライドであるという点からも期待が持てます。

faceIDは本当にiPadに必要なのか

faceiDは本当にiPadに必要なのでしょうか。縦向きや横向きで使うことの多いiPad。使う向きだけでなく、iPadへ向ける顔の位置もiPhoneの時よりも複雑です。そんなiPadにfaceIDを追加する必要があるのか。

事前の情報では机に直置きでも認証するようになっているようです。また公式サイトでは横向き、縦向きでもfaceIDで認証が可能となっているとの表記があります。

この辺は出てみないと分からないといった感じがします。iPhoneXが出たときも発表では、暗くてもfaceIDが使えると謳っていましたが実際のところ精度は五分五分ぐらいでした。

持ち出しパソコンとしてのiPad Pro

新しいiPad ProはA12X Bionicというチップを使用しています。8コアのCPUと7コアのGPUを搭載しているということは、ちょっとしたパソコンのスペックを凌駕しています。RAW現像やVlogの編集なんかは簡単になしえてしまうでしょう。

先日のAdobe MaxというAdobeの発表会でPhotoshopのiPad向けフルバージョンやタブレット端末で動画編集を行えるRushが発売されたのは、この新しいiPad Proが発売されることを踏まえての発表だったのでしょう。PhotoshopやRushがiPad内で十分に使えるのなら、PCを持ち出す必要がなくなるかもしれません。

USB typeCへの以降で増えた利便性

 

USBtypeCに対応したことで、外部ディスプレイとしての使用以外にもストレージとの接続が可能になったり、カメラを接続しできることも増えるかもしれません。

あれだけLightningに固執していたAppleがついにUSBtypeCへ以降したということは、それなりの機能をiPadに齎すと考えています。

新しいApple Pencil

新しいApplePencilは従来のモデルで不満を感じていたことが解消されています。ペアリングや充電は本体に磁石でくっつけるだけでできたり、タップすることでツールが切り替えられたり。

真円で掴む時に力が上手く入らなかったあのデザインも、少しくぼみを設けることで持ちやすく工夫されています。また本体も少し短くなっています。あの中途半端な長さが持つ時のバランス崩していたんですよね。

このPencilのために新しいiPad Proを購入してもいいレベルの進化ですね。

Smart Keyboard Folio

 

iPad ProがノートPCレベルに進化した今、このアクセサリーは欠かせなくなってしまいましたね。これまでそのタッチ感が少し苦手で避けていましたが、本体を購入するときには一緒に購入したいと思います。

このキーボードもしっかりと進化しており、今回から背面も保護されるようになった点。そして画面の角度を調整できるようになりました。

iPad Pro 2018を何目的で購入したいのか

勉強用のアイテムとして

iPad Proで勉強することが資格試験を快適にする理由。

この記事でも書いているように僕にとってiPad Proは勉強するためのアイテムとして右に出るものはありません。新しいApplePencilを使用することでどれくらい変わるのか試してみたい。

持ち運び用のパソコンとして

カメラを始めてから写真を取りに行く時は必ずパソコンを持ち運ぶようになりました。出先でデータをパソコンに逃してやったり、ちょっとSNSに上げる写真だけ先に現像したり。これくらいの用途ならば、新しいiPad Proでも十分使えると考えています。

旅行等にMacBook Pro15インチを持って行くのはしんどいときもありますし、ちょっとした出先なら、なおさらiPad Proに交換したい。

執筆してみて

こうやってまとめてみるとなおさらiPad Pro2018が欲しくなって来ますね。今使っているiPad Proをドナドナして持ち出し7万円くらいなので購入しようかな。

iPad Proで勉強することが資格試験を快適にする理由。

資格学習に最適なiPad proの選び方!iPadを計4台購入して学んだ3つの判断基準

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。