DIY 壁紙の上にペンキで塗装してみました。




どうも、こんにちはN(@new_style_tt)です!

先日記事としてあげたこちら↓

DIYを始めようと思う。希望を洗い出してみる。

思いついたら即行動ということで、早速壁紙をペンキで塗装してみました。当初は壁紙を張り替えることやマスキングテープで壁の雰囲気を変えることを考えていました

しかしペンキで壁紙の上から塗装してしまう方がコストがかからない上に、色の選択肢が豊富でした。確かにペンキでの塗装は、賃貸では出来ない。そして塗装の出来が不安ということもあります。

僕の部屋は賃貸ではないので、実際に塗装してみました。壁紙の上からの塗装方法や塗装する前に感じていたことや塗装してみて思ったことをまとめていきたいと思います。

DIYを始めるまでに

DIY前の壁紙の現状

DIY 壁紙 塗装前

まずは塗装前に今の現状を振り返っていきたいと思います。これが塗装前の壁紙。

築十数年となり、日焼けや壁紙を貼り付ける際のノリが表面に浮き出てきてしまっています。

今回はこの写真に移っている部分だけ、1面のみの塗装を行います。1面だけ塗装することで、部屋の中のアクセントにしたい。またこのスペースにデスクを置いてワークスペースとしたいので、部屋の他の面とは印象を替えることを目的にしています。

どんな壁にしたいか


インスタグラムにおしゃれなデスク写真をまとめているアカウントがあります。このアカウントでフューチャーされていたデスク周りがとても好みでした。こんな感じに壁紙をグレーにしたい。

これまでは黒や真っ白で統一することがおしゃれだと思っていましたが、落ち着いたグレーも落ち着きがあっていいですよね。

壁紙の上からペンキで塗装を行う注意点

今回は壁紙の上へペンキで塗装を行います。しかし、その際に注意しなくてはならない点があります。

壁紙に一般的な水溶性のペンキを塗ると不都合が生じる可能性があります。

以下のサイトに詳しく記載されています。実施される際はご確認ください!

屋内用塗料を壁紙の上に塗る-壁・天井編

使用するペンキ

上記の注意点を考慮し、壁紙の上から塗装できるペンキを選びます。これはのりごとーさんのブログでも紹介されていました!

今回はこのイマジンウォールペイントのグレートーンシリーズを使用します。このシリーズには沢山のグレーが用意されており、選んだのはベビーエレファントという色です。本当はガーゴイルというもっと深い色を選ぼうとしたのですが、深すぎる色だとその他の壁との差が大きくなることを避けました。

実際の壁紙に塗った場合の色は、パソコンの画面で見るものとは変わってきます。壁紙屋本舗では、少量のサンプルが存在します。これを利用してみるというのも、手だと思います。

ペンキ以外の用意

ペンキ以外にはトレーやローラー、刷毛は必要です。ホームセンターやネットでもそれらのセットが販売されていますので、それを購入してしまえばいいとおもいます。ローラーがあれば、簡単に塗ることは出来ますが隅は刷毛でないと綺麗に塗れませんでした。

マスキングを行うために、養生テープが必要となります。普通のガムテープで一部マスキングをしていたのですが、後処理がとても面倒でした。養生テープは本当に必須です。

こういうのも便利だと思います。養生テープ部分と保護する部分がセットになっています。

壁紙をペイントする準備

下準備としてマスキング

DIY No2 4

コンセント周りは外して周りをマスキングしておきます。

DIY No2 5

粗目でマスキングを行っても上からカバーをするので大丈夫です。

DIY No2 6

下の溝は養生テープを貼って、その下にビニールを挟んでいきます。

DIY No2 7

新聞紙で大丈夫だと思っていたのですが、新心細かったので急遽ビニール袋を切って下に潜り込ませました。見た目は悪いですが安全です。実際塗り始めてすぐに塗料を落としてしまいました。危なかった。

DIY No2 9

こんな感じです。ちょっと時間が経つと浮いて来るので、マーキング部分が浮いていないか確認することをおすすめします。

DIY No2 11

天井部分も同じようにマスキングを行っていきます。一気に貼るよりも小分けにする方が貼りやすい上に、微調整が出来ます。

壁紙へペンキで塗装していきます

DIY No2 13
今回使用したペンキです。

DIY No2 15

塗装前に壁の汚れを拭いておきます。

DIY No2 16

塗装はWの文字を書くように塗装を行っていきます。ある程度塗ることができれば、その後縦に綺麗に塗っていきます。

DIY No2 17

1度目が塗り終わったところ。今回は2度塗りを行います。塗ってすぐは綺麗に見えますが、乾いて来るとムラや塗りきれていないところが目立って来ます。

2回目はそういうところを綺麗にしていきます。

DIY No2 18

塗料が余っていたので、3度塗りをしました。はじめから塗り方が薄かったのか、塗料がすごく余りました。もっと勢い良く塗っても良かったかもしれません。

DIYの完成 壁紙の上から塗装出来ました。

DIY No2 19

塗装が完成して、デスクを元に戻しました。予想していた色合いになって、とても満足しています。

壁紙をグレーにしたことで、デスク周りが落ち着きました。

DIY No2 20

グレーの壁紙とブラックのライトのこの感じがとても好きです。ほんとに苦労して塗って良かったです!

DIYを始めようと思う。希望を洗い出してみる。

この記事で上げた願望をちょっとずつ消化出来てきてよかったです。今回使用したペンキは、初心者でも綺麗に塗ることが出来ました。また手についてしまったペンキもお湯で洗ってやれば綺麗に落ちました。

今回は作業しながら動画を回していたので、後日動画を上げていきたいと思います。

次はデスク横の棚を作っていこうと思います。

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

公認会計士試験に挑戦中の学生です。大好きなMacやガジェット、文具などをメインにブログを書いています。たまに公認会計士の試験勉強についても備忘録として記載しています。